www.lifewithhiv.org
保険というのはいざという時に気づいても遅いものです。事故、怪我、病気、過失等様々なシーンで保険はお世話になることでしょう。その中でも生命保険や入院保険といったものは、やはりだれでも加入や継続を悩まれるものでしょう。 かつて私が務める会社にも保険のセールスマンが来ていて勧誘をしていたのですが、元々私は保険に興味があったので少し話を聞いてみることにしたのです。 すると、実際保険はテレビコマーシャルでやっているような安さでは提供されていない事実を知りました。いろんな保証をつけた上でこれだけの値段になる。無理に加入しろと言っているわけでもなく、保険で生活を壊してしまっては元々の意味がなくなってしまう。だから、少しでも余力ができた時に考えてみてくださいと言われたのを覚えています。 やはり保険というのはそのために必死になるのでは保険の真の意味をなし得ません。ですが、いざというときのものでもあると考えると、やはり早めに決めておいた方が良いのかもしれません。