www.lifewithhiv.org
学生をはじめとした若者の就職支援に携わっています。 ここ数年景気の低迷による就職難が言われていますが、彼らの活動を見ていると一概に景気の影響だけとは思えない面もあるように感じます。それは、受け身の姿勢だったり人任せだったりする人がかなり多いことです。 私が就職活動を行った頃は今のように情報が充実しておらず、その入手方法も極めてアナログ的でした。その分自分で考えたり時間を費やして調べたりしたので、一度学んだ知識はしっかり身に付いたように思います。 それに比べて今は便利になったにもかかわらず、いや便利になり過ぎたせいか向こうから情報が来るのを待っている人が増えたように感じます。 またちょっと探せば使える例文や事例がいくらでもあるので、自分で考えることも少なくなっているようにも感じます。 社会人としていい人生が送れるかどうかのカギはスタートにあるとも言え、そのためには就職活動をどのように行うかが重要となります。 自らが主体となって充実した就職活動を行えば、自ずと結果はついてくるものです。